短期ダイエット

歩くときの姿勢

ここでは、歩くときの姿勢 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーキングを始める目的は、運動不足解消のため、糖尿病や高血圧の症状改善のため、またダイエットのため、と人それぞれです。
目的が異なるため、目標とする歩数や時間、距離なども異なってきて当然なのですが、共通するのはだらだらと歩くよりも全身を使って歩く方がその効果が大きいということです。

ウォーキングの運動効果を上げるためには、なるべく広い歩幅を保ち、早い速度で歩くことが必要になってきます。
ただし、慣れないうちからそればかりを気にするとからだへの負担がかかり、楽しく歩き続けることも難しくなってしまうので、歩く習慣がつき正しい姿勢を意識できるようになってきてから、運動効果の高い歩き方を実践するとよいと思います。

歩幅を広くとるためには、前に踏み出す足の膝をしっかり伸ばすことです。
膝を伸ばして歩くと、足はかかとから着地します。
そして重心をかかとから足の腹、つま先へと移動させ、その力を使ってつま先で地面をキックすることで次の力強い一歩が踏み出せます。
腰の回転も意識して歩くとよいでしょう。

頭を無駄に動かさないように意識して歩くと、ウォーキング中にからだが上下左右に揺れるのを減らすことができます。
視線は、15メートル程先をみるようにしましょう。
足元に視線を落として歩くと、前屈姿勢になってしまいます。
肩の力は抜いてリラックスさせ、ひじを軽く曲げて振って歩きます。

このように正しい姿勢で歩くことで、からだに余計な負担をかけず、効果的なウォーキングを行なうことができます。
ダイエット中の人は特にすぐにでも効果を得たいところでしょうが、無理せず徐々に正しい歩き方を見につけて、確実に効果を出すためにウォーキング習慣を続けてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。